前へ
次へ

離婚裁判における決めることになること

離婚をするために裁判をするというのは実はそんなに多いわけではないです。大抵の場合は話し合いとか或は言っても協議離婚まで済むからです。しかし、それでもだめであった場合に正式に離婚裁判となります。必ずやらないといけないわけではないでし、やらない事のほうが多いですが、いざやるとなりますと決めることは意外とあります。子供がいるのであれば親権などがどちらに属するものとなるのか、ということも必要になりますし、養育費に関することもあります。さて、離婚裁判も裁判ですから費用がかかることになります。まず、原則として訴訟費用は、訴訟を起こす段階においては原告がとりあえずの負担をしないといけないことになります。そして、判決がでましたらその訴訟に関する費用に関しても負担割合が決められることになります。そして、一般的には敗訴した側の負担が重くなります。これは離婚裁判でも同じになります。ですから、勝つようになるのがまずは一番です。

Page Top