前へ
次へ

三年間行方不明だと離婚裁判ができる

離婚は基本的に夫婦双方の合意で行われるのが原則です。しかし、片方が失踪などで行方不明になったとき、もう片方が離婚を望んだとしたらどうでしょうか。行方不明の人と話し合いをすることはできないので、当然離婚の合意を得ることも不可能となります。でも、行方不明のまま婚姻関係が続くというのも問題があるでしょう。そのため、家庭裁判所では配偶者が三年間行方不明のとき離婚を望むなら離婚裁判を開くことができるようになっています。この場合、証拠を裁判所に提示する必要があるため、行方不明になってからの三年間、その証拠を保存しておく必要があります。証拠がなければ、いくら行方不明になって三年経ったと主張しても離婚は成立しないので注意しなくてはなりません。また、行方不明であればいいので、生死は不問です。証拠を集めているときに死亡が判明した場合は、自動的に死後離婚が成立するので当然のことながら離婚裁判が行われることはありません。

Page Top